任意整理のメリットは整理する借金を選べること

任意整理は、債務整理の中でも「整理する借金を選べる」というメリットがあるのが強みです。

個人再生や自己破産は整理する借金を選べるわけではないので、保証人付きの借金がある場合や自動車ローンが完済前の場合でも、すべての借金が整理されてしまいます。

任意整理では、そのような借金を対象から外し、他の借金のみを整理の対象に選べるので、デメリットを最小限に抑えながら借金を減らしてもらうことができます。

任意整理なら整理する借金を選べる

任意整理以外の債務整理には個人再生や自己破産といったものがありますが、この2つは裁判所を通して行われる法的な手続きであり、「すべての借金を平等に整理しなければならない」というルールを厳格に守ることが義務付けられています。

つまり、個人再生や自己破産では、整理したくない借金があってもそれだけ対象から外すことは不可能なのです。

一方、任意整理はお金を借りた会社と本人(の代理人である弁護士や司法書士)が任意で行う交渉であるため、「この借金は整理するけれどもあの借金は整理しない」というのを自分で決めることができます。

このように、整理する借金を自由に選べるというメリットがあることによって、任意整理では最小限のデメリットで借金を減額してもらうことが可能なのです。

「整理する借金を選べる」というメリットを生かして任意整理する方法

整理する借金を選べるわけではない個人再生や自己破産といった債務整理のデメリットとして、保証人付きの借金があると保証人に迷惑がかかる、完済前の自動車ローンがあると車がローン会社に引きあげられる、といったものがあります。

しかし、任意整理なら保証人付きの借金だけ整理の対象から外す、自動車ローン以外の借金を整理する、といったことが可能なので、保証人に迷惑をかけずに借金を整理したり、車やバイクを手元に残して借金を減額してもらったりすることができます。

まとめ

個人再生や自己破産では、すべての借金を平等に整理することが義務であるため、整理したくない借金があっても対象から外すことはできません。

一方、任意整理なら整理の対象に含める借金を自由に選べるので、保証人付きの借金や完済前の自動車ローンといった整理したくない借金があっても、その借金を対象から外して他の借金だけ整理することができます。

その結果として、保証人に迷惑をかけずに借金を減らしたり、車やバイクを残したまま借金を減額してもらったりできるのです。