任意整理の弁護士費用を延滞しそうなときに必ずするべきこと

任意整理では、元本の返済と弁護士費用・司法書士費用の支払いという2つの支払いを行うことになります。

もし弁護士費用・司法書士費用を延滞してしまうと、最悪の場合、弁護士や司法書士に辞任され、任意整理がふりだしに戻ってしまうことになります。

ここでは、任意整理の弁護士費用・司法書士費用を延滞しないための方法や、延滞しそうなとき・してしまったときにできることについて説明していきます。

任意整理で弁護士費用・司法書士費用を延滞しないための方法

任意整理を弁護士や司法書士に依頼すると、「受任通知」という通知が会社側に送られます。

受任通知を受け取った後は任意整理が終わるまで督促をしてはいけないという決まりになっているので、受任通知の送付後は借金の返済が一時的にストップします。

任意整理の弁護士費用・司法書士費用は、借金額や借入先の会社の数によって異なりますが、一般的に2万円~5万円程度となります。

弁護士費用・司法書士費用を延滞しないためには、受任通知によって返済がストップしている3~6カ月の間に、費用を分割ですべて支払ってしまうのが理想です。

また、弁護士費用や司法書士費用の支払いプランについても、借金額や本人の収入を考慮して柔軟に対応してもらえることが多いため、あらかじめ無理のない支払いプランを考えておくことも大切です。

任意整理の弁護士費用・司法書士費用を延滞しそうなときに必ずすべきこと

とはいえ、任意整理の手続きがすべて完了した後で弁護士費用や司法書士費用を延滞しそうになったり、延滞してしまったりといったケースもないわけではありません。

もし、延滞しそうだと思ったら、できるだけ早く弁護士や司法書士に連絡して、対応を考えましょう。既に延滞している場合も、すぐに連絡して謝罪し、相談すべきです。

最もやってはいけないのは、滞納したまま連絡も取らずに放置してしまうことです。

これをやって弁護士や司法書士からの信頼を失ってしまうと、最悪の場合辞任されて任意整理がふりだしに戻ることになります。

まとめ

任意整理では、弁護士費用や司法書士費用を無理なく支払えるよう、受任通知が送られてからの3~6カ月間くらいで分割払いにすることが多いです。また、この段階で、無理のない返済プランを考えておくことも大切です。

任意整理後にどうしても延滞してしまいそうな場合は、できるだけ早く弁護士や司法書士に連絡し、対策について相談しましょう。既に滞納している場合も、すぐに連絡して謝罪し、今後のことを考えるべきです。