債務整理の費用を後払いにする2つの方法

債務整理を考えている人にとって、費用の支払いはとても気になる問題だと思います。

現状でまとまったお金を用意できないという場合でも、債務整理の費用を後払いにしてもらうことで、債務整理を行うことが可能になるパターンもあります。

また、特にお金がない人は、「法テラス」を利用して費用を抑えたうえで後払いの債務整理ができることもあります。

仙台で債務整理に強い司法書士はこちら

債務整理の費用が後払いにできる法律事務所を選ぶ

債務整理の費用は、弁護士などと正式に契約を結んだ後、受任通知の効果で借金の返済が一時的にストップする期間に分割で支払うパターンが多いです。こちらは一般的に分割払いと呼ばれている支払方法です。

弁護士事務所や司法書士事務所の中には、後払いでの分割払いを受け付けているところもあります。後払いの場合、債務整理の手続きが始まる直前に1回目の分割払いを支払い、分割での支払いを継続していくという形になります。

「法テラス」で安心して後払いで債務整理

特に収入や財産が少ない人の場合は、国の独立行政法人である「法テラス」のサービスを利用して債務整理の費用を立て替えてもらい、後払いの分割払いで支払うという方法もあります。

法テラスを利用できるのは、目安として1人暮らしなら月収18万円以下で財産が180万円以下の人(住んでいる地域や世帯の人数によって金額は違います)です。

法テラスで債務整理の費用を立て替えてもらうと、普通のやり方で法律事務所に依頼するより安い費用で債務整理ができます。返済は毎月一定額を支払い続ける形で、原則として3年以内に完済するというルールになっています。

後払いにした債務整理の費用が払えないときは

病気や事故など何らかの理由があって後払いにした債務整理の費用が払えなくなってしまった場合は、すぐに法律事務所や法テラスに連絡しましょう。毎月の支払額を引き下げるなど、何らかの対応を取ってもらえるはずです。

何も連絡を入れずに滞納するのが一番よくないので、滞納するかもしれないと思ったら早めに相談してください。

まとめ

債務整理の費用を後払いにしたい場合、後払いに対応している弁護士事務所や司法書士事務所を探す必要があります。

また、収入や財産が一定額以下の人は、「法テラス」を利用して債務整理の費用を後払いにしてもらう方法もあります。

万一、後払いにしてもらった債務整理の費用が支払えない状況になったら、すぐに法律事務所や法テラスに連絡して、支払額の引き下げなどの対応をとってもらいましょう。

“債務整理の費用を後払いにする2つの方法” に1件のコメントがあります

コメントは停止中です。