任意整理で家族に影響が出るデメリットは3つだけ!

「家族への影響が心配で任意整理に踏み切れない」という人は多くいますが、実際には、任意整理は最も家族への影響が出づらい債務整理です。

任意整理のデメリットは、ブラックリストに載ってクレジットカードが使えなくなる、ローンが組めなくなるなどの5つの制限を約5年間受けることだけです。

また、家族が保証人になっている場合でも、任意整理なら何の影響もないように手続きできます。

任意整理で家族に影響が出る3つの制限

任意整理をした後は、約5年間、クレジットカードの利用、ローンなどの借金、分割払いでモノを買うこと、借金の保証人になること、賃貸契約で信販系の保証会社を利用することの5つができなくなるという制限を受けます。

その中でも、以下の3つは家族への影響が出やすいものだといえるでしょう。

クレジットカードが使えなくなると、そのカードを親カードとした家族カードが使えなくなるので、家族に影響がでる場合があります。

また、ローンやキャッシングで新規に借金をすることができないので、住宅ローンや自動車ローンを組む必要がある場合は家族の名義で組んでもらうとよいでしょう。

借金の保証人になれなくなるという点では、子どもが奨学金を借りるときに影響が出るかもしれませんが、保証会社を使う「機関保証」を選んでもらえば、奨学金を借りること自体は可能です。

任意整理なら保証人になっている家族に影響が出ない

任意整理以外の債務整理である個人再生や自己破産では、裁判所を通して行う法的な手続きであるため、すべての借金を同じように整理することになります。

そのため、家族が保証人になっている借金がある場合、個人再生や自己破産を選ぶと借金の残高が家族に一括で請求され、大きな迷惑をかけることになってしまいます。

しかし、任意整理であれば家族が保証人になっている借金を対象から外し、他の借金だけ整理することが可能なので、家族に何の影響も出ないように借金を減額してもらうことができます。

まとめ

任意整理をすると約5年間、信用が必要な取引に制限を受けることになります。

中でも、クレジットカードが使えなくなるのでそのカードを親カードとした家族カードが利用停止になる、ローンが組めなくなるので住宅ローンや自動車ローンは家族名義で組む必要がある、借金の保証人になれなくなるので奨学金は機関保証などで借りてもらうことになる、という3点は家族に影響が出やすい制限です。

任意整理の場合は、個人再生や自己破産と違って、家族が保証人になっている借金を対象から外すことができるので、その点では家族に影響を出さずに借金を減額してもらえます。