ブランド物でできた借金は債務整理できる?

普通のOLさんが高級ブランド品にハマり、いつの間に返せないほどに借金が膨らんでいたというのはよくある話。

ブランド物で作った借金でも、債務整理をすることは可能です。

ここでは、ブランド物の購入でできてしまった借金をどう解決すればよいか、簡単に説明します。

ブランド物にハマったAさんの例

見栄や友達との付き合いで、高級ブランド品の購入を繰り返したAさん。
クレジットカード会社などに、合計200万円もの借金を抱えていました。

大体の借金は年利が15%くらい。200万円の15%は30万円。利息の支払いだけでも、月々約3万円になりました。気づくと、支払いの半分くらいは利息に充てられ、借金の元本はほとんど減っていませんでした。

Aさんは他でお金を借りては返すを繰り返していましたが、とうとう支払いが滞るようになり、債務整理することを決意しました。

浪費による借金では自己破産できないことも

Aさんは債務整理をする決意をしましたが、自己破産は選びませんでした。
なぜなら、自己破産では「免責不許可事由」に当たり、借金の免除が認められない可能性があるからです。

ギャンブルや浪費でできた借金は、破産手続きをしても、借金が免除にならない場合があります。これを免責不許可事由と言います。
しかし、実際は、裁判官の裁量によるので、きちんと反省の色を示していれば、借金が免除になるケースもあります。

任意整理なら親や会社にもバレない

自己破産と違い、任意整理では、何でできた借金かは全く関係がありません。

任意整理では、整理する対象を選ぶことができるので、親に借金がある場合も、それだけ除いて債務整理することが可能です。

また、自己破産では官報に住所と氏名が掲載されます。
万が一でも職場にバレたくない場合は、任意整理だと誰にも知られることがないので安心です。

親や会社にバレたくないという場合は、任意整理を選ぶとよいでしょう。

任意整理では利息のカットや過払い金請求ができる

支払いの半分が利息であるAさんのような場合、利息がカットできると借金の返済もずいぶんしやすくなります。

任意整理では、カード会社等と交渉し、将来かかる利息を免除してもらい、借金を3〜5年の分割払いで返済していきます。

利息を高い金利で払い過ぎていた場合は、計算し直し、元本の返済に充てることもできます。すると、借金自体を減らすことも可能です。

交渉や過払い金請求に関しては、専門の弁護士等に相談するとよいでしょう。

まとめ

ブランド物購入による借金でも、債務整理することは可能です。
任意整理なら、親や会社にバレずにでき、利息のカットや長期の分割払いで月々の支払いを減らすことができます。