任意整理なら延滞金全額カットで借金完済できる!

借金を滞納すると、ペナルティとして延滞金が付き、より多くのお金を払わなければならなくなります。

延滞金の金額が大きくなりすぎて、借金を完済できないという人も珍しくありません。

ここでは、延滞金についてわかりやすく説明したうえで、延滞金を0円にしてもらえる任意整理についてまとめていきます。

仙台で任意整理ならここ

任意整理でカットしてもらえる「延滞金」とは?

「延滞金」とは、正式には「遅延損害金」や「延滞利息」と呼ばれるもので、支払期限を過ぎた借金に対して発生するペナルティです。

考え方としては、レンタルDVDを期限までに返さなかった場合に支払わなければならなくなる延滞金と同じようなものですが、支払いの形式としては、利息の金利が高くなると考えたほうが近いでしょう。

例えば、アイフルで借金をする場合、通常の利息は金利18%になることが多いですが、遅延損害金がつく場合は金利20%で計算されます。

延滞金を0円にしてもらえる任意整理とは?

任意整理とは、弁護士や司法書士に代理人となってもらい、借金をした会社と直接交渉する形の債務整理です。

任意整理では元本を減額してもらうことはできませんが、これから支払う利息を0円にしてもらったり、元本の返済期間を60回払いなどの長期に設定し直してもらったりできます。

また、任意整理では延滞金を全額カットして0円にしてもらうことが可能ですので、既に多額の延滞金が発生してしまっている人でも、任意整理をすれば借金完済への道が見えてきます。

ちなみに、なぜ任意整理では利息や延滞金が0円になるのかというと、会社側にとっては自己破産されて借金を一円も回収できないことよりも、元本のみでも回収できることのほうが、メリットが大きいからです。

とはいえ、あまりにも延滞金の金額が大きいと、全額カットが難しいケースもあります。

借金の返済ができないかもしれない、既に滞納して延滞金が発生しているという場合は、早めに手を打った方がよいでしょう。

まとめ

延滞金(遅延損害金・延滞利息)とは、借金を期日までに返せず滞納してしまったときに発生する、ペナルティを含めた利息のことです。

任意整理とは、弁護士や司法書士に依頼して借金をした会社と交渉してもらい、利息のカットや元本の返済期間の延長を実現する債務整理ですが、任意整理では延滞金の全額カットも可能です。

ただし、延滞金の金額が大きすぎると全額カットしてもらうことが難しくなる場合もあるので、借金を滞納している人は早めに手を打ったほうがよいでしょう。